インフォメーション

2018-10-01 17:06:00
『伊勢物語』というのは、『竹取物語』と並んで、日本の古文を読むときに初期に手にするものという相場が出来ているらしい。教科書にもよく(部分的に)載っている。私は高校のころ『竹取物語』を授業で接して、「たいへんわかりやすい」という印象を持っていた。さて長じてきたものの、あまり古文を読もうとしなかった。今になってみると、古文が、英文同様に、あるいは英文以上に読みにくい。★いちばんやさしい古文から読み直したらどうかなと思って、『伊勢物語』を手にしてみた。(この本はどこでも習わなかった)★注釈がいっぱい入っている本で、わからない語句は注釈を見ながら本文を読むのである。意味はなんとなく通ってゆく。しかし「分からない」のだ。なぜかしら、どうもよくわからない。★何度もチャレンジしてみたが、不可解の思いが去らない。★このほど、世界文化社『グラフィック版特選日本の古典3 竹取物語 伊勢物語』1983年、を買って目を通した。絵がいっぱい入っており、解説の多い本である。なによりも楽しい本だ。★この中で中村真一郎さんが『伊勢物語』について書いている「まえがき」(64‐65頁)を一読して、私の疑問のいくつかが解けた。★中村さんは、『伊勢物語』というものが、決して一人の作家の作品というのではなく、多くの無名の書き手が書き足したり書き換えたりした物語だとみる。(まるで現代のウエブ上のウェキペディアみたいだな)しかも平安時代初めの10世紀ごろに発生しながら、11世紀、12世紀と書き足されてきた物語だという。(私などは近代の物語をみるように、自然とこれを特定の時期の特定の作家の作品と見てしまうので、実はそうではないから、戸惑ってしまう。英語だとこういうとき、コンフュージングというね。)★この物語が10世紀に最初に成立したころは、当時中国で漢詩に詞書を添えるという形式が流行っていたから、その形式をまねて、日本の奈良時代にはやったような古い和歌に適当な詞書を和文で添えてみようという形が成立した。(だから和歌ごとに同じような人物の歌と擬されてはいても、必ずしも同じ人物の作ではないのが当然ということになろう。いわば詠み人しらずのうたが作品の主体なのだ。そう思えば、この世界文化社の本の145‐149頁にまとめて掲載しているように、「伊勢物語のうた209首」を伊勢物語の125段のすべてから書きぬいてまとめる、という仕方にも独自の意味があり、その遊び方がありうることになる。じっさい古来よくこのような歌だけの書き抜きが作られたのであろう。)★11世紀には「語り」が時代の趣の中心になり(それで源氏物語のような多くのすぐれた物語が生まれた)、12世紀になると考証や注釈が流行り、物語を架空にしないでそれらしい実在した人物を探して作品に入れることが流行る。それで詞書の部分が妙に生々しくなったり、うるさく注釈をつけたりという性質が『伊勢物語』に付け加わる。★こういうどうしょうもなく複雑な因子をもつ物語だから、読む者は小うるさいことを考えないで好きなようにこの文を読めばよろしい。しかし現代の私たちはどうしても散文を読みの中心にしてしまう。逆に「うたを取り出してひねくる」ように歌にポイントを置くのが妙であろうかと思う。わが古文の原型だな。思えば、歌心なき野蛮人と同胞に見られたくはないしね。「ちょくなればいともかしこしうぐいすのやどはととはばいかにこたえむ」権力者が無理難題を言うときに、これをやんわりとしかしタフに防ぐのが国民のうたごころである。
2018-10-01 16:37:00
2018年9月6日の北海道胆振東部地震、まだ当地札幌には、1日に一回ぐらいは、震度3程度の体感地震がある。まだまだ油断はできないし、いざというときの備えも崩せない。全道大停電の反省もいろいろの形で必要である。★それにしてもここは地震国日本。いつまでも地震のこと、停電のこと、ばかり考えているわけにはゆかない。乱暴な「個人的意見」としていえば、これは「半世紀に一回ぐらいの事故だろう。」★プロ野球の年間正式試合もやがて終わり、クライマックスシリーズ他特別プログラムとなる。米国の大リーグもエンジェルスの正式戦は今日で終わった。札幌の人間としては、道内温泉に一度出かけ、それから冬支度だ。★世界は明らかに過渡期にある。米国制覇の世界で時代の新しい局面が開けるかに見えた21世紀。ニューエコノミーがつぶれて、リーマンショックとなり、それから10年たったが、中東・アフリカの難民の波をEUは処理しかねていて、EU統一の勢い頓挫。中国は一路一帯の世界構想と打ち上げたが、「アメリカ第1」の米国は、中国と貿易戦争を構えてその趨勢行方知れず。★我が国は、世界の趨勢を横目に、強気の国際関係を展開している。しかしこれがどこに帰着するものやら、わかったものではない。沖縄は今日の知事選で辺野古反対の民意を示した。要するに思い切った「基地清算」の意思と思ってよいのではないか。★世の中の激動、意識の中に置きながら、わたしは古文と英文を楽しむ。伊勢物語。グリシャムの「法廷弁護士(リティゲータ)」。カネのかからない楽しみですよ。しばらく地震と停電を忘れて。
2018-09-30 09:45:00
2018年9月30日・日曜日・曇・札幌。★日本ハム対西武。午後6時。札幌ドーム。テレビNHKBS1.。ラジオHBC、SТV。★道新38頁。「ハングル発信観光客守る--札幌の韓国総領事館--避難所に職員派遣も」。9月6日の北海道地震に伴う全道大停電に際して、自国民救護のために札幌の韓国総領事館がどう行動したかを如実に示す貴重なリポート。当時道内には約6千人の韓国人が滞在していたとみられると。主に札幌市が用意した観光客向け5か所の避難所(6日夜1720人が身を寄せたが、韓国人の姿が目立ったという)と協力しつつ市内に集まった韓国人避難者を誘導したが、旭川空港から急遽2便を7日に、8日旭川空港と新札幌空港から25便が韓国に飛んだ。その間総領事館は新札幌空港に案内デスクを設けた由。7,8日の二日間で韓国人5500人以上が帰国したと。★6日の3時7分地震発生以後の韓国総領事館の対応が、16段の時系列で、8日7時までについて示されている。関係者ぜひ一見したまえ。貴重な記録だ。(もしわが大使館なり領事館なりが外国の大都会で同じ状況に出会った時、自国民救護のためこういう行動がとれるだろうか。ぜひご検証いただきたい。)★「韓国は地震が少ない。恐怖を募らせた旅行客や本国からの情報を求める電話が総領事館に殺到した。」この殺到が始まったのが実に大規模停電直後の6日午前3時25分からである。総領事館はこれ以後なによりも情報収集と情報発信に追われる。ハングルによる発信である。外国語情報を発信するはずだった札幌国際プラザと札幌市の外国語ホームページは停電で数時間ダウン。国際プラザの英語フェイスブックも沈黙した(後日詳細にリポートされよ)。いったいその間総領事館はどこから情報を集めたかは、記事からははっきりしない。道新電子版だけ挙げているが。(わたしは6日午前6時から正午まで6時間、電池で動くラジオで、HBCニュースを聞きっぱなしにしていた。韓国総領事館の職員は日本のラジオから日本語での情報を聞き取る能力はあるだろうか。これはNHKニュースでもSТBニュースでもいいが。それでも近所のどこそこに避難所を設けたとか、札幌市のゴミの収集はどうなっているかとかいうニュースは、7日の午前中に「町内会の広報車」というのが叫んでいたのを聞いて初めて知った。この時に、たとえ7日になっていてすら、水道水は近くの公園では出ていますよ、というメッセージを入れてほしかったな。この一言でビルの高層階に住む住人がどれほど救われたかしれないと思うよ。実際、公園の水道水は終始機能していた。)★わたしはいったん眠って、朝6時に目を覚まし、カセットラジオのニュースを聞き始めた。
2018-09-29 10:32:00
この9月6日早朝の地震とほぼ同時に全道停電となった。わたし個人についていうなら、停電は6日3時ごろ終わり(だから停電期間約12時間だった)、個人宅だから水道は正常に機能していた。(ただ、4階建以上のビルなどで、館内に貯水・給水設備がある札幌市内大量の居住設備は、電気がこない間は給水不可能となった。)(またエレベータとか自動ドアとか、電気がなければ作動しない設備はすべて止まった。)それからね。車のガソリンは当分車に現にある量で運転することになった。(私は幸い5日に満タンにしていた。おかげで多少の面子はたった。乾電池で動くラジオで6時間HBCニュースを聞きっぱなしにし、状況を把握できた。)ガソリン給油所は電気がないために給油不可能となった。携帯は電源切れですぐに動かなくなった。停電でテレビもラジオも動かず、携帯はすぐ電気切れ。何がどうなっているのか、おおくの人々が分からなかった。★道新9月29日33頁によると、9月6日当時札幌市内にいた外国人は約5千人と見られる。いったいこの人々がどのような状況に置かれたか、可能な限りでの検証がいま急がれる。(同じことがまた起こった場合どうするんだ。)うち約千人は、札幌市が用意した避難所を利用したとされている。★道新のこのおなじ記事に、JR札幌駅至近のいくつかの民宿、ゲストハウスが、1箇所について百何十人も、施設を無償開放して救護に当たったという。堂々のふるまいではないか。(いわゆる正規の旅館・ホテルが、災害時にどう機能したか、早急にリポートすべきだろう。台湾領事館が山鼻地区にあるが領事館は当時山鼻地区にいる人々・多くが中国人だと思うが・に避難施設を用意したという。)★個人経営の元来は小規模の民宿、ゲストハウスなるがゆえに、この快挙が可能だったともいえる。ビルの場合、停電と同時に水が止まるのだ。そして、実に多くの「正規の機関、施設」が、実は9月6日と(さらに9月7日を)休みにして、社員が出勤していなかったのではないか。社員がいない会社がまともに機能するはずがない。(実は多くの不動産管理会社は、社員が会社に出勤していなかったと思うよ。管理会社傘下の管理物件で起こっている事態にどのように対処したか、いまリポートしたらよい。)★今回の緊急事態。個人経営の民宿が意外にも強力で健全な働きをしたことが分かった。ちょうど大停電で、小さな調整的発電所が極めて貴重な役割を担うことが明瞭になったのと軌を一にする。「正規の」方々、今後の教訓にしていただきたい。
2018-09-29 09:53:00
2018年9月29日・土曜日・晴れ・札幌。★日本ハム対楽天。午後2時。宮城球場。テレビHТV。ラジオHBC、SТV。★道新20頁。「清宮7号王に並ぶ」。日本ハム1塁手清宮、新人ながら今季7号ホームランで、過去の同様のケース前例であった王と並んだという。他方もと日本ハム大谷選手は、今年から米国大リーグ、エンジェルスに在籍して、22号ホームランという新人として刮目すべき成績になっている。内外そろい踏みというところか。めでたいめでたい。★道新1頁。「大型台風1日に道内接近」。台風22号が10月1日に北海道付近に来襲するみこみと、と警告する。★道新1頁。「コメ9年ぶり不良--作況道内9月、全国で最悪」。懸念されていた通りになった。★道新8頁。「米国第一を批判--各国首脳多国間主義を強調--国連討論」。ある一国の利害と主張を前面に押し出す仕方ではなく、多くの国々の話し合いの中に国際秩序のありようを求めるのは、いま世界的世論と思われる。★道新32頁。「泊まって復興後押し」。この記事は北海道復興割に道民も参加できること、この復興割は、個人手配の場合も可能だが、その場合は「割引適用を決めたホテル・旅館」が対象になる、としている。★道新33頁。「ゲストハウス訪日客救う」。地震が起こった9月6日から2日間(それは停電が起こり、ビルでは給水の止まったところが出た期間でもある)、札幌市中心部に6日当時約5千人の外国人がいたと思われるが、うち千人は札幌市が開設した避難所を利用した。当時JR札幌駅至近のいくつかの個人経営の民宿、ゲストハウスが、施設を無償開放して何百人という外国人の救いになったことをリポートしている。★この二日間の緊急事態に社会はどのように機能したのかを、いま丁寧に検証し、早急にそこから教訓をくみ取るべきだろう。「大仕掛けな提言」はもう少し後からでよい、まず身の回りの事態から、そして草の根から、各自が語ったらよかろう。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...