インフォメーション

2018-12-19 09:18:00
2018年12月19日・水曜日・薄曇り・札幌。★今朝までの降雪なく、日中もうまく行けば降雪がないだろう。気温は穏やか。★「未使用スプレー120本噴射、札幌・平岸爆発、密閉店内、一斉に。消臭業務せず廃棄か」道新1頁。驚くべき事件、発生。★12月16日夜、札幌市内の不動産仲介会社大手の一支店「アパマンショップ平岸駅前店」が、除菌消臭用スプレー100本余から噴射した大量のガスに誤って引火させたために、店舗は吹っ飛び、隣接する居酒屋も吹っ飛んだので、居酒屋にいた数十人の顧客が一斉に軽傷にあうという、意外な大事故が起こったばかりである。★しかし、事件の原因調査の過程で、別の意外な大事件が現れてきた。いまテレビなどで、「アパマンショップリーシング北海道」の社長が、この大量の除菌消臭用スプレーの「店としてのありよう、扱い」について説明している。この店の店長は重傷で、出てこない。(ちなみにこの大事故で起きた一人の重傷者とは、この店長のようだ。あと50人ほどの被害者はは、全て軽傷と伝えられている。)★「おどろくべき話」第一。アパマンショップ平岸駅前店は、除菌消臭スプレー缶120本を店内で一斉に全量噴射させて(各缶を噴射させて空にする措置は1本あたり4分間程度で簡単にできるものらしい)、結果的には店内を消臭ガスで充満させ、「作業終了」と店長が店内の湯沸かし器に点火したところで、引火大爆発となったと。(この件では、普通は疑われるプロパンガスの漏れとか爆発とかは起こっていなかった模様である。)店舗が吹っ飛ぶほどの大量消臭スプレー缶ガスの引火爆発というのが、この件の異常の第一。★「驚くべき話」第二。アパマンショップリーシング北海道の支店がなぜに平岸店で100本余ものスプレー缶の単純な一斉処理に及ぶことになったのか、そもそも社内でのスプレー缶がどのような業務上の意味を持っていたのかが、みかたによっては爆発事故とは次元を異にするが、本件爆発事故をはるかに上回る社会的大問題である。これで爆発して吹っ飛ぶものは、たんに一平岸駅前支店ではあるまい。★ことはあらゆる不動産仲介会社に及ぶ。アパマンと同じこのような一種の詐欺行為を、全店あげて、長らく行っていたのではないか、という疑惑である。そこだけとれば、一件当たりの金額は小さい。1本せいぜい1000円の除菌消臭スプレー缶を、1本1万円で、(アパマンの場合は)入居してくる顧客の依頼を得て、これから入居するアパートの1室の、除菌消臭スプレーに用いた(なに、缶のプッシュを押しておけば、自動的に4分で全量噴射する、という程度のいとも手軽な仕事だ)というのだが、この簡単な仕事すらさぼったスプレー缶が100本余も平岸駅前店に溜まってしまって、この会社で1店舗適正在庫量とした60本を超えていたというのだ。まずは過去3年ぐらいにさかのぼって、「代金1万円」を取り立てていた顧客に、各自1万円ないしは9000円、返せ。
2018-12-15 23:01:00
2018年12月15日・土曜日・曇・札幌。★今日一日、管理下物件の除雪。しかし、今日の降雪はなく、日中暖かった。★「車、住宅減税を拡大」道新1頁。関連記事「税制大綱決定」道新2頁。「2019年度税制改正大綱のポイント」道新9頁。特にこの記事に注目する。「10年間の特例として、個人版事業継承税を創設している。個人事業主が事業用の建物などを引き継ぐ場合、相続税や贈与税を全額猶予するという。」★現行税制では相続決定とともに相続税を払うことになるから、子供は大変である。この相続税をねん出するために、不本意な短期の借金を金融機関に仰ぐことになつたり、みすみす不利な資産売却で資金を調達しなければならなかったりする。しかし「10年間」という納付猶予があれば、相続した収益資産からの利益の積み立てだけでも、相続税が払えそうだ。★「介護人材育成へ、留学生受け入れ、東川町奨学金制度を活用」道新30頁。北海道の東川町が提携するブラジルとパラグアイの日系人に対して、町内の日本語学校で学ぶさいの生活費援助を年間250万円出そうという。引き換えに卒業後一定期間同町福祉施設で働いてもらう。訪日する外国人の金銭負担を軽減している点で、とてもスマートな企画ではなかろうか。
2018-12-15 01:02:00
ネット上で、「西川社長も報酬不確定を認識」(共同通信。12月14日)という記事を見ていて、あぜんとした。西川社長=明智光秀と見立てた「風」がうわっと吹くような、無慮513通もの書き込みが既に付いていた。なんと数日前までは、「西川がんばれ、検察ガンバレ、日産頑張れ」という「風」が吹いていたのではないか。なんと一斉に、あっちになびき、こっちになびくわけか。少しは定見というものをもとう。この「西川がんばれ」という国民的大合唱が起っていた時に、ごく少数の人間が、「常識」ではこれをいきなり黒とは見られないではないか、と苦言を呈した。たとえば、「法治国家では、逮捕された人間は、まだ悪人と決まったわけではない(裁判によって、罪を問うて行く)」のが「イロハ」であろう。そういういくつかの「常識」をもとに、事態を冷静に見つめてみようという態度を取った。新聞で例えると、朝日新聞は検察と一緒に空港に駐機しているゴーン氏の飛行機まで出向いた。読売新聞は、この件については地味な「常識」を掲げた(共同通信も、というべきか)。★わたし、はかりなくも、フランスの小話を思い出す。時はフランスのナポレオン時代。流されていたエルバ島(この島、イタリアのすぐそばにある)から脱出したナポレオンが、パリに戻って再び欧州に戦闘を挑んだ時のこと。このナポレオンの動静を報じたあるフランスの新聞が、「大罪人がエルバ島を脱出した」という記事から、数十日後に「皇帝陛下今朝パリに還御あそばされる」という記事にいたる「風になびく草のような記事」を書き連ねて、ジャーナリズムというものがいかに権力にもろいかという古典的実例を作ったことが、たいていの『社会学』とか『新聞論』の本に載っている。★例の「岩窟王」エドモンド・ダンテスの冤罪もこの時に誕生したんだったね。船乗りダンテスはエルバ島でナポレオンの書状を預かって、パリのある人物に渡した。ダンテスは手紙の内容を知らなかったが、手紙には、ナポレオンがパリに着いたらしてほしいことが書いてあったと。検事総長がこの手紙を調べて、ダンテスを謀反罪で逮捕することになった。実はこの手紙は検事総長の実の父親宛てになっていたので、検事総長は父親を救うためにダンテスを冤罪に仕立てた。(あなた方みんな中学生ぐらいの時にこの物語を読んでいるのじゃないの。この冤罪を晴らすためにダンテスが3人の敵を仕留めてゆく物語を。)検事総長がその3人の敵の一人で、「検事をやっつける」という意外なストーリーにあなた、夢中にならなかったかね。
2018-12-14 09:57:00
欧州で多少の期間生活して面食らうことの一つは、欧州のひとびとの個人主義である。とくにフランス人が徹底している。(イタリア人やスペイン人も結構やるけどね。)★当地でも鉄道などで自殺する人間はいるわけだが、問題はそれに対する対応である。どうも社会が、個人の自殺する権利を妨げないように見える。死にたい者がどうしても死のうとすれば、それができるようにしてあるように見えてならない。民主主義の最根底に個人の人権がしっかりと存在しているように思えるのだ。なにしろ「ブルジョア民主主義革命」の本国だものね。ついに当時の国王を死刑にし、宗教すら完全に否定しようとした。★さて、我が国のお話。日本が純潔国家では過ごして行けず、移民国家の性質を帯びざるを得なくなるのは、わかりきつた話。そのさいどうやって国内外国人の生活や人権を守れるかという形で、遅ればせながら今頃議論しているが、どんづまりのところで、在日外国人の人権、とくに政治的権利という議論は、みなさん逃げている。ここを逃げていてどうするのか。国政に関与する権利、地方行政に関与する権利が移民にないというのかね。★「町内会への加入促進条例も成立」道新2頁。倶知安町議会がこの条例を成立させたが、とくに急増する外国人が「積極的主体的」に参加するのが狙いだという。そもそも現在のような「市や町の行政をたんに支援するかのような町内会」のありよう、自治組織の性格が極度に薄い「旧大政翼賛会的」町内会組織には、日本国民ですら大きな不満を抱いている。★せめて外国人の地方行政への参与権・例えば町長選挙権、町議員選挙権も同時に、同じ熱意で議論しているのならわからないでもない。むろん国政参与も展望するんだろうね。★自由な人権をもつ外国人が、日本に住んで、日本の法的、行政的ありように大きく違和感をもつような場合には、国や地方のありようを日本人は根本的に反省しなければならなくなるかもしれないのだぞ。
2018-12-14 09:48:00
2018年12月14日・金曜日・うすぐもり・札幌。★朝方までに数センチの積雪があった。天気予報は日中小雪、0度だが、ことによれば終日雪が降らないで済むかもしれない。★「外国人就労なお生煮え」道新3頁。★「価値観押しつけを危惧」道新7頁。★「米アフラッグの日本郵政出資へ」道新10頁。★「町内会への加入促進条例も成立」道新2頁。★いったいこのようにまったくバラパラの記事を「マーク」する心や如何に、と思われるかもしれないな。答えは記事「フランスの個人主義」を参考にみてください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...