インフォメーション

2019-05-26 08:52:00
平成30余年全体を見通した議論というのは、平成の初めに当たって、なかったのではないか。★もちろん実際にはたくさんの見通しが平成の初めに語られていたはずだが、その見通しが恐ろしい有効性を備えて平成30余年間存立しえた議論というのが、このトフラー氏の「パワーシフト」しかなかったのではないのかと、私は指摘している。(実際はトフラー氏は1990年から2025年までを予想範囲としていた。どうして2025年なのかはよくわからないが。2025年はいまから6年先だ。)★トフラー氏「パワーシフト」(英文)は、いま私の手元で、表紙はちぎれ、裏表紙は赤茶けて、本文もやや黄ばんでいる。しかし健在。短いわかりやすい英文でどんどん言いたいことを言っている本。この本の内容は複雑だが、切り口は単純。剣(武力)、宝石(経済)、鏡(知識、情報)に起こる変化がお互いにかかわりつつパワー(権力)のありようを否応なく変えるという話。著者はこの観点を持ちながら世界中を歩き回ってたくさんのインタビューを重ねる。そういう多くの見聞と都度重ねる思考が本書の内容である。★著者があまりにも単純なことを自信たっぷりに述べ続けているので、正直のところ平成の初めに読んでいた時には著者の真意がなかなかわからなかった。しかし今読むと、当時のこまごまとした世相が懐かしい。今なら「よくわかる。」確かに著者の単純な視角が、平成30余年を貫いて有効だった。これほど有効な視角は、めったにあるものではないよ。★それ故に、平成の初めに(1990年代の初めに)「今後否応なく衰退する運命を免れない」中に数えられていた「米国の覇権」と我が国の場合「自民党の覇権」が、平成30余年が終わる今、確固として存在し「永続的強みすら予想される」のは、どういうことか、というのだ。★単純に言えることはある。このトフラー氏の単純な視角は、「滅びるもの」の中に数えられたパワー(米国の覇権、自民党の覇権)の担い手たちを大いに驚かせ、必死に「トフラー氏のいうようにならない」努力をしたというわけだ。なにしろ当時中国がなりふりかまわず必死にトフラーの本を読んでいたとトフラー氏は書いている。そして日本の場合、平成30余年間米国の覇権にぴったりしがみついていたので、その米国の覇権がこけていない限り、自民党のパワーも維持されたという次第だ。★さてこういう大きな目で、トランプ氏とその代表する米国の覇権を、いま考えてみたらいいではないか。この覇権、これからどうなるんだろうかね。(トランプ氏訪日のその日に。)これ、やはり永続パワーなのだろうか。どうだろう。いまトフラー氏に聞いても仕方がない。自分でかんがえてみることだ。「パワーシフト」という論法でね。
2019-05-26 08:48:00
日曜日・晴れ・札幌。★西武対日本ハム。午後1時。メットライフドーム。テレビHBC、ラジオHBC、S.T.V。まさかの2連敗に次ぐ第3戦。★午前11時。エンジェルス対レンジャーズ。NHK、BS1.
2019-05-25 07:32:00
土曜日・晴れ・札幌。★日本ハム対西武。メットライフドーム。午後2時。テレビHТB。ラジオHBC、S.T.V。昨日の試合は両軍ぽかぽか打ち合っていたが、結局日本ハムが競り負けた。★午前11時。エンジェルス(大谷打者)対レンジャーズ。テレビNHK、BS1.
2019-05-24 13:43:00
平成を閉じ、令和に移るに際して、平成をどう考えるかという話題が、しばらく新聞とネットを賑わせた。令和がどんな時代か考えるのにも、まず平成観が必要であろう。★私はAlvin Toffler, Powershift, Bannam,1990を、たまたま読み直していた。復習になるが、1970年初めに出たFuture Shock,1980年代初めに出たthe Power Shiftに次ぐ3部作の総括版である。★ここで「パワー」とは(権)力の事であり、このパワーを構成する三要素を、トフラーは日本の皇室を例として、「剣」(武力、軍事力)、「宝石」(マネー、資産、財産)、「鏡」(知識、知恵、情報)であるとする。★トフラー氏に独特の点は、20世紀の多くの思想家が当然としていた発想方法、「資本主義・民主主義」という価値軸、「社会主義・独裁」という価値軸を中心にはしないで、汎時代的に、「剣、宝石、鏡」がどのようにパワーを支えるのか、パワーの内容の比重がこの三要素の間でどのように変遷しているのか、という発想をとる点である。逆にそれなるがゆえに、「資本主義・民主主義」か、「社会主義・独裁」か、のように盤石のように固定していた20世紀の思想に・大きなショックと知見をもたらすことになったのではないか。★トフラーが当時著名な経済学者フリードマンをあざけって、「フリードマンの本にはpoowerという言葉がまつたく出てこない」とやつつけたのも、「そんなことでは経済すらわかるまい」という含意がある。市場経済にせよ自由競争にせよ、現実のその姿を把握するのに剣や鏡という要素抜きにしてどうしてそれが分かるのか。★さてこの1990年代初めに書かれたPowershift、目の前でPowerに大きな変化が起こっており、この趨勢ははるかに先まで続くとして、「2025年ごろまで」と言っている。トフラーの「パワーシフト」の予言は、1990年代初から、平成の約30年間を含んで、2025年ごろまでを展望しているのだ。★それで私、1990年代初に、これから衰えて消滅する運命にあるものとして示唆されている事柄が、平成30余年の間にどうなったのか、思い返してみた。そしてここに驚くべき結論に達した。「パワーはいま、維持されている」のである。確かにソ連と東欧世界はすぐに消滅した。しかし、トフラーが滅びるものと示唆したパワーは、そりゃあ多少いろいろのことはあったが、平成が終わるにあたって、確固として維持されており、そのパワーは逆に強まっている。米国の覇権しかり。わが国の自民党の覇権しかりである。★なぜパワーシフトが起らなかったのか、いま平成が終わるにあたって勘考してみるのは、大いに有益だと思う。「トフラー」を持ち出しているがゆえに、この思考は、既成価値軸に囚われず、「鏡」に強く力点をおくものになるだろう。いかがですか。
2019-05-24 08:27:00
金曜日・晴れ・札幌。★西武対日本ハム。午後6時。メットライフドーム。テレビS.T.V。BS朝日。ラジオHBC、S.T.V。★昨夜の対楽天戦で、日本ハムは快勝したが、この試合で不思議な新人が日本ハムの打撃陣に誕生した。名は「すぎノール」という。2番セカンドで出場した杉谷選手、右打席でホームランを打ち、次の打席は左打席に立ってまたホームラン。こういう事例は過去にもあるのだそうで、ごく卑近な実例がもと日本ハムにいた「セギノール」選手。戦後お立ち台に立った杉谷選手、自分のことを「すぎノール」と称した。★ここに立派なトリックスターの誕生。こういうトリックスターの誕生が例年、日本ハム躍進の前兆である。ひょっとして今に、「4番 すぎノール」というのが現れるかもしれないぞ。日本ハムの僚友ともども、そういう場面を楽しもうではないか。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...