インフォメーション

2018-10-10 11:16:00
2018年10月10日・水曜日・曇・札幌。★日本ハム対ロッテ。札幌ドーム。午後6時。ラジオHBC、SТV。★道新31頁。「マンション断水明暗」。遅ればせながら、大停電当時の札幌都心のマンションの事情を取り上げた記事。マンション給水には、受水槽方式と直結方式がある。直結方式は直接給水される方式だから、ふつう5階程度のビルならば問題なく給水される。受水槽方式は浄水槽がビル地下にあって電動ポンプで上層階に給水する方式なので、停電の時には作動しない。受水槽方式のビルが多いので、9.6の時には都心に大量の給水難民が生じた。★近所に公園があれば公園の水道は機能していたので、そこに長蛇の列ができた。札幌市が開設した路上給水所(都心)の8割は断水したマンション向けだったという。水道管からの緊急時給水経路のことで、31頁に写真が載っている。札幌市が膨大な固定資産税を都心から得ていることへの、これは応接と言ってよかろう。★札幌商工会議所ない北海道地域ジョブカードセンターが道内事業所向けに、自社労働者に「人材開発資金」という助成により、3か月ないし6か月の特別訓練を受けさせようという案内が出ている。011-231-1506.10月29日に札幌商工会議所に事業主・人事担当者を集めて説明会を行うという。この特別訓練に参加する訓練生に、当館ではその期間である「3か月、ないし6か月」の間格安で部屋をお貸しできる。事業主・人事担当者から、左頁の「お問い合わせ」欄にてメールで打診してください。また、もし当館で会議室なり技能訓練室なりの形で施設をお使いになるというのなら、これも打診いただきたい。こういうことが「施設・設備借り上げ」ということでこの特別訓練企画の「経費」として処理しうるかどうか、ご検討ください。
2018-10-09 12:06:00
2018年10月9日・火曜日・曇・札幌。★昨夜午後10時頃当地(白石区)で震度3の地震があり、ウエブ上「北海道で震度4の地震発生」(ヤフーニュース、ウエザーニュース、21時59分配信)と報じられた。このニュースに対してたちまち300通を超えるツイートが集まったが、そのツイート群が示しているこの地震に関連する最大の懸念は、「胆振中東部」の地震が、清田、白石、東区、北区東部を含む「月寒活断層」を刺激して、地震の主力がいどうしてくるのではないかという懸念だ。★いまの段階で、まだ何とも言えないが、注意を怠らないことだ。ツイートでは、9.6地震も10.8も、どちらも台風を前日伴っていたという指摘である。大地震と大洪水と、この二つが同時にやってくるなど、考えたくもない悪夢である。しかし9.6地震は、それがありえないことでないことを如実に示した。★さきに私は、当地区の川北町内会役員団が大停電に対して見事な対応を示されたと書いた。でも、この地区は少なくとも当面、注意すべきことが二つあると知れた。第1、白石区北郷を襲うかもしれない思いがけない地震(清田とか元町とか新琴似とかと、連動するかもしれぬ)。第2、望月寒川の思いもかけない氾濫。当「お知らせ」の、今年8月22日の記事をみてください。札幌市は望月寒川の氾濫を懸念して、2014年から、西岡水源地から平岸1-23に至る地下トンネルを建設中で、完成したら平岸1-23から精進川に放水し、精進川が豊平川に流れるという。ところが、た゛。この地下トンネルの完成は来年2019年秋と予定されている。つまり今から1年間は望月寒川はひょっとすると氾濫の危惧があるのだ。この辺に住むわれわれ、そしてそれを代表している町内会役員の皆さん。★せめて事態を知ってください。いざとなったときに、考えたくもないが、道も市も機能不全に落ちているかもしれぬ。(望月寒川監視ルーチンくらい組めないか。水量計を役所に求めたらいかが。もう1年でその懸念は少なくなるが。)
2018-10-09 11:12:00
2018年10月9日・火曜日・曇・札幌。★北海道の地震に「異例」が生じたのか。★昨8日深夜(午後十時ちょっと前)札幌市東区元町に震度4、白石区北郷に震度3、北区新琴似に震度3の地震が起こった。この時震源地は胆振地方中東部、深さ30キロ、マグニチュード4.4、21時54分とされる。震源地近い厚真町鹿沼では震度3で、このとき各地の震度分布が出ていたが、苫小牧東部各地の震度は低く、札幌市の元町、北郷、新琴似の震度の高さが目立つ。★この異例の「逆転現象」に関心を持ったツイートがこの「北海道で震度4の地震発生」(ヤフーウエザーニュース)という記事に対して地震後すぐに殺到、地震後4時間で3百を超えるツイートとなった。この「異例」についての懸念を示すものである。★この300通を超すツイートは一種の「集団知」であろう。最大の懸念は、胆振中東部地震は「石狩平野東縁断層」のような近接活断層を刺激して、そちらの断層に震源を誘発したのではないかという懸念である。2010年に清田区に地震が起こっていたという連想もある。★この「お知らせ」で数日前に道民雑誌『財界さっぽろ』10月号巻頭の特集記事に注意を喚起したが、その10ページに載っている「月寒断層」は、南は清田区の白旗山から、白石区、東区、北区(の東部分)をカバーして北は石狩当別南部に達する。ここに地震の主力が移転することがあれば、いっそうの大事である。★もっともこのツイート群の「集団知」のなかには、「震度が深いところで起こった地震は、遠隔地で強い地震を起こす場合もあるのではないか」というツイートもある。★それから、9.6地震の場合もこの10.8の場合も、前日に台風があったという点が共通だ、という指摘もあった。★いずれにせよ、状況を注意深く見守る必要がある。★ところで、「北海道厚真町で震度4、津波の心配なし」(ヤフーニュース、レスキューナウ。)が9日朝2時50分に配信された。震度4は厚真町鹿沼、その付近にも震度3の地震が起こり、札幌市東区元町だけ特記されて震度3と。震源地胆振地方中東部、震源の深さ30キロ、地震規模は4.2と推定されると。この10.9朝2.50の地震と10.8深夜21.54の地震は「別の地震」と思われるが、後からの地震報知が前の地震の「異例」にひとこと挨拶あってしかるべきと思う。さもないと、後の報知は前の報知の「深刻さ」をカバーアップする作為を疑われるぞ。★道新は今朝は休刊だとかで配達されていない。市民のしかるべき懸念に、当局はよろしく対応されよ。個々の市民はどちらにせよ普段の生活で注意を怠らぬようにするしかない。
2018-10-08 09:05:00
2018年10月8日・月曜日(体育の日で祝日)・台風一過の快晴・札幌。★道新16頁「ササラ電車冬支度 札幌市電で整備」。都心内を循環する札幌市電。11月から3月までは降雪のさい、「ササラ電車」という「除雪車」を走らせる。そのササラ電車の準備をいま始めたという記事。冬の札幌の風物詩。★道新17頁「文化の香り 都心の拠点 札幌市民交流プラザ開館」。札幌市北1西1というわかりやすい場所。これは図書館も備えており、広々としたソファ付閲覧場所が写真になっていた。誰でも気軽に訪れやすいところだから、どうぞご利用を。
2018-10-07 11:26:00
2018年10月7日・日曜日・雨・札幌。台風25号が7日、津軽海峡を西から東に横断中であるため、全道的に風雨の影響が危惧される。(台風自体は温帯低気圧に変身しているが。)★大停電から1か月たった。「北電の経営責任」という議論が浮上してきているようだ。道新1頁「コープ、北電に賠償請求へ」。冷凍できずに捨てた食品だけでも9億円に上るという。「大停電」は「自然災害」か「人為災害」か。「北電」というものが果たして民間の一企業としての「独立の責任能力」のある代物なのか。最近話題の尽きないJR北海道同様、国家的運営責任を「民間企業」という「偽りの衣」を着ているだけの存在ではあるまいか。★道新3頁「無人水力復旧の火種に」。大停電から北電が「復旧」した過程を技術的に検証している。ジャーナリズムの取材で復旧過程をここまで跡付けえたのはえらい。★貴ノ花親方が日本相撲協会を離れるに至ったようだ。今後の相撲のありようの中には、アマチュアスポーツとしての相撲の発達を図るという大切な道があるのではないか。日本古来のスポーツである柔道が、現にそうなっているように、アマチュアスポーツとしての相撲の広範な発達を背景にして、相撲をオリンピック種目とするよう推進していったらどうか。これこそがスポーツとしての相撲の本来の姿で、それと適当な関連のもとに「プロスポーツとしての大相撲」があればよい。なまじ「国技」のレッテルが、相撲を変な場にしているのではないか。★目下の大相撲は蒙古出身力士が上位をほぼ独占し(だから蒙古親睦会がいろいろ仕切ろうとし始めるのだ)、このまま経過すると、蒙古出身力士の「部屋」が続出する事態になろう。(それを阻止するための大相撲「一門数制限」だろうかね。それで行けるものかね。)大相撲の先行きでの破綻は目に見えている。いま思い切って「正道」も考えようではないか。オリンピック種目なら、なに人が何回世界優勝しようが、かまうまい。むろん日本国内で、相撲を、国体の種目としても発達させればよい。★野球に例えると、「長嶋、王」にも比すべき国民的人気を博した人物を、「プロ相撲界である大相撲」が排除したのだ。相撲というスポーツの大改革を図るよい機会ではないか。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...