インフォメーション

2019-10-16 08:49:00
水曜日・曇り・札幌。★今回日本の3分の1を覆った諸洪水。その後始末は年内に収まらないかもしれない。緊急事態で、北海道が宮城県丸森町被害を、札幌市が宮城県石巻市被害を、直接支援する行政措置をとる旨今朝の道新が報じた。(行政職員の派遣等)★まだ台風シーズンは終わったわけではない。それに、思わぬ別の被害が現れる可能性を無視はできない(首都圏地震等)。★現在の大被害の原因を精査し、可能な限りの対応を、長期的・短期的に考えておかねばなるまい。★河川堤防の補強、河川の掘削と河川敷利用方法の再検討、上流のダムの貯水・放流のありようの詳しい検討などは、すぐにでもとりくんでいいことだ。そして、いざ洪水が起こった場合に、「付近の2階に逃避せよ」一点ばりではいかにも貧しい対策ではないか。しかるべき救護所を考えるべきだろう。★こういう政策のために防災省を作るというのは、いい考えではないか。
2019-10-13 09:21:00
日曜日・曇り・札幌。★台風19号の惨禍が東京近辺の数県(と福島、宮城)を襲う様子を長時間テレビで視聴。北海道の被害はこれからだが、台風自体が東方海上に遠ざかっていることもあり、本州のような被害は少ないだろう。★洪水を主とする今回の広域被害、その日本としての全貌を把握すること自体が、もうすこし先のことだろう。未聞の災害なのは、確かである。★まず被害者の救出と当面の安全な生活の確保が急がれる(これまた未聞の規模)。何百年も以前から「治水」は国家最大の大事業。この件が現在の日本の最大級の課題なのが、当然。国土強靭化をしっかり考えなければなるまい。(つい最近の昨年7月に、四国と中国で、ダム放水・河川氾濫という同型の事件が起こっていた。自然災害は待ったなしにまたやってくる。地球の気候変動で、従来「何十年に一度」などと考えて居た災害が、毎年来るかもしれぬ。)★緊急避難は2階に逃げよ、と盛んに言っていたが、この事後救援もたいへんなことになるな。テレビでみていてそう思った。海上自衛隊のヘリコプターで救出しているではないか。戸外は洪水で、船を使わないと交通できない。(船なんて、どこに用意してあるの?)避難した2階から水没している1階へ降りるのが簡単なことではあるまい。ある避難者が、「屋根に穴をあけて外に出ようとおもった」といっている。
2019-10-12 09:55:00
「日本が一流国」かどうかは、さしあたりどうでもいい。しかし、札幌市内で、部屋代2万円で提供してくれるアパートというのはどこかと聞く人がいる。下記の通りです。★1 札幌市中央区南12条西8丁目「スタジオ12」。部屋代2万円。台湾領事館のすぐ前です。(ビッグサービスに管理委託しているので、ビッグサービスに申し込んでください。現在満室)★2 札幌市白石区本郷通6丁目北「メリデアン」。東西線南郷7丁目から徒歩6分。部屋が見た通りで入ってくださるのなら部屋代2万円にしてもよい(ここは灯油暖房)。(丸富産業に管理委託している。)★3 江別市野幌若葉町65-15「若葉町ウインドウイローズ」。1階で部屋代2万円。駐車はご相談。★札幌市白石区東札幌2条5丁目「ウインドウイローズ白石」。いま部屋代25000円で出していたが、定期借家権契約で部屋代2万円にしよう。地下鉄白石駅徒歩6分。もちろん★札幌市豊平区中の島12-8当「アイランドコーポ」部屋代1万5000円もありますよ。アイランドコーポの情報はこのページに載せていますから、よく読んでください。★ごく最近、札幌市内の日本語学校に入ったという韓国の人が、続けざまに2人、このうちの部屋代2万円の部屋に入居された。
2019-10-12 09:13:00
土曜日・曇り・札幌。★台風19号関東上陸の備えで、首都圏の鉄道全線運休とのことだが、北海道も明日の事態に備えて全線運休が取りざたされている。★道新1頁。「大川小津波訴訟 遺族が勝訴。最高裁 学校・行政の過失確定」。東日本大震災のさいに被災した石巻大川小学校の被害者遺族の勝訴が最高裁判決で確定したという記事。小学校の裏山に逃げれば助かっていたのに、校庭集合を命じていた管理者の過失。裏山への逃避は事故直前に石巻市の広報車も呼び掛けていた。★この大川小判決の「効果」は早速いたるところに現れているのではなかろうか。「行政」がありうべき自然災害に際しての自己の責任を、強く自覚するようになったのである。★うちにも1週間ほど前、この地区の二つの区だけに話題を絞って、「いざ洪水」に対処する「札幌市洪水ハザードマップ」を札幌市が配布してきた。画期的に詳細な内容である。★おもえばずいぶん以前からこの「お知らせ」欄で、地区のよもやの洪水不安を話題にしていたなー。これだけの情報を配布してくださったのはありがたい。それにしても、いざというときに、だれがどのようにして、住民に知らせてくるのだろうか。いざというときに逃げる場所がたんに「2階以上」では心細い。まー地図をみるとjR線路は冠水しないようだから、線路のほうへ逃げればいいということか。(その時汽車はまったく往来しないんだろうね。)ふだん白石区・厚別区の管理者が危機管理に特定したホームページでも設けているんだろうね。ネットの上手な活用がなければ業態が傾くのは、スーパーだけではない・行政も同様だろうよ。
2019-10-11 17:41:00
先にNHKの世論調査を参考にして、1990年代に急速に落ち込んだ「日本、一流国意識」が、2000年代初以降急速に上昇した、と書いた。★この間の「日本国勢」の内容を基本的に同じ内容のものなのか、あるいは2000年代初以来の「日本国勢」に、以前とは違うなにか重大な変化がないだろうか、ということをもんだいにした。★2000年代初め以降、日本の国家財政は、財政を税収増ではとうてい賄えない赤字体質である。このことを「日本の国民国家の貧困」と定義できないこともない。もっとも財政の量的規模は非常に拡大しているのである。★今日「訪日の理由は『安いから』 世界に取り残された日本の弱体化が顕著」<週刊朝日>AERA.dot10月11日配信という記事がネットに載った。★詳しくはこの記事をお読みになればわかるが、この記事が前提にしている「日本の国勢の衰え」という認識の内容は、世界のGDPにおいて日本が占めるGDPの割合が著しく減少している、ということである。これを「国民国家の貧乏」の定義として考えようということになる。この場合、為替水準の如何によって認識内容に変化が生じるかもしれないが、とりあえずGDPの割合だけで考えているとしておこう。★このように、いったん問いを発すれば、議論はいろいろの難問を併発してゆくので、答えに近づくものとは簡単には言えない。しかし「考えるべき」重要なこと・必須のことが間違いなく増えてゆく。(今日ネットを読んでいたら、50数歳の一流企業の役職者が月手取り20数万円でやっていると書いているが、これは日本が終わったということになるのかどうか。)(ナニ遠くを探すこともない。うちのいくつかのアパートは、ここ何年もの間部屋代月額2万円で運営しており、入居してくれる人がいたら、喜んで受け入れている。こういう収入だから、勇ましい支出などとてもできない。さてこの日本は、一流国だろうか。)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...