インフォメーション

2019-10-20 09:17:00
北海道新聞の10月19日号17頁に、「五輪マラソンコースは 札幌開催 市民の声」という記事か載った。道新が早速「マラソンコース」についての市民の声を取材した記事で、札幌市内の関連個所をまとめた地図を掲載し、ありうべきコース案を示している。そこにはおのずと「コース選定に必要な諸条件」も現れることになり、「コース選定」に強い関心をもつ国民の思考の参考となろう。全国どこの人でもいい、ぜひこの記事(そこには詳しい地図が載っている)を北海道新聞・電子版などで閲覧し、あなたの夢を膨らませてください。これまたオリンピックへの参加の一つの形態であろう。コース第1案は、従来どおり「北海道マラソンコース」をたどるコース。地図では赤く印刷してあった。札幌市都心からいったん豊平区・南区という南方に向かい、折り返して都心に戻ってきて(南への往復で札幌市内の名所を経由する・中島公園など)次には札幌市の西方面(新川通)へ進んで、往復する。整ったコースだが、この案最大の難点は、発着点を中央区の大通り公園としているため、オリンピックが希望するような大量の観客を発着点に収容することができないことだ。★現行の北海道マラソンコースが成立する以前の北海道マラソンでは、発着点として競技場を使用したこともあるそうで、その例とは、札幌厚別公園競技場(から札幌中心部を往復)、道立真駒内屋外競技場(ゴールを中島公園とした)。★コース第2案が、「札幌ドーム発着点案」。提案者は、国道36号線を走り、環状通を走ったらとしている。ところでこの案の難点は、「コース内に存在する高低差」だそうだ。★第3案は、「前半下り、中盤平地、終盤上がり」が走りやすいから、札幌ドームを出発し、羊が丘通りから、環状通を回り、新川通を折り返して中心部を抜け、再び環状通から戻るが、中島公園をゴールにしたらどうだろうという。(なかなか楽しそうなコースだ。わたし昔たかはしなおこがシドニーで走った跡を眺めたことがあるが、オリンピックが終わった後にも世界中の多くの人々が2020年オリンピックマラソンを懐かしんで札幌に来るんじゃないかなー。)第4案は、札幌ドーム発着とし、羊が丘展望台を背に羊が丘通りを通って豊平川に出、豊平川沿いに南下、南区真駒内公園で折り返し、都心部に戻ってくる。そのさい大通り公園をかすめ、北大構内に向かう。(この案も市内の名所にできる限り接触するように考えている。)★どの案をとってもすべて豊平区中の島・当館アイランドコーポ付近を通るところが、わたしには面白く感じられる。オリンピックのほうが勝手に当館の近くへやってきたのだ。★いずれにせよ、コース選定は年内早々に終えておく必要があろう。急げ急げ。
2019-10-19 09:25:00
オリンピックのマラソンが2020年夏、札幌市で行われるのに際して、走るコースはどうなるのか。★道新10月19日朝刊の17頁に、それを考える具体案が載っている。★およそ4コース案が考えられる。★第1.現行北海道マラソンコース案。第2案。札幌ドームを発着点とする案。第3案、札幌ドームから出発し、中島公園をゴールとする案。第4案、南区真駒内の真駒内競技場を発着点とする案。★第1案「現行北海道マラソンコース」案は、難点は、発着点の観客収容力が極めて小さいことである。そこで第2案以降は、発着点の観客収容力を大きく顧慮する案になる。★第2案「札幌ドーム発着点」案。これは内々オリンピック委員会も考えていたのではないかと言うのだが、この案の難点は、「コース内に存在する高低差」だそうだ。第3案は第2案の変形である。第2案の「コース内に存在する高低差」の問題は、残るのかどうか。第4案は「道立真駒内競技場を発着点」にしようという案。★コース途中で、札幌市内の「みもの」がどれぐらい取り入れられるかは、ここでは考えなかったが、それもあるだろうね。各案は暗黙にそういうことも考えている。★もうどんなに遅くとも年内、それも11月ぐらいに、コースを実際に検討して決めなければならないだろう。「走りごごち」をも可能な限り確かめておく必要があろう。★NHK「いだてん」も終映となつた。マラソンは、オリンピックの花である。「とんびに油揚げをさらわれた」東京都知事が悔し紛れに「いっそ北方領土でやったら」と正体不明の捨て台詞をはくのも察してあまりある。★このうえは「マラソンコース選定」に日本国民全員が参加してはどうか。電子版道新で上記のコース案を検討し(ほかのコース案もあるかもしれない)、ネット上に意見など述べたらどうか。★急遽あなたがみずから実際にコースを走ってみたらどうだ。ただ、年内早くだな。★幸い当アイランドコーポは、どの案の場合でも、当館の付近を走ることになる。「来年夏」などと言っていたが、はやくも年内に、いろいろな意図で当館を借り上げてくださる人がおられるかもしれぬ。「瓢箪から駒」とはこのことだ。★競歩については触れなかったが、似たような問題が起こると思う。
2019-10-18 09:32:00
金曜日・曇り・札幌。★テレビで「教員間のいじめ」事件が、深刻な話題になっている。およそ「いじめ」などありえないはずの世界で、明瞭ないじめがあったことに、世間はあぜんとしている。★しかし残念ながら「いじめ」というのは、日本のあらゆる組織、業界に隠然と存在している。それが「よもや」という教員の世界であったというので、いまさら驚いているだけだろう。★人間同士の尊厳。これをしっかり見定める必要がある。民主主義の原点は、個人の人権の確立である。★今回の台風19号に由来する洪水禍。看過しがたい重大な憂いを残した。東京都内で救護所に入ろうとした路上生活者に、入所を拒絶したというニュースだ。犬猫の救助すらしている時に、人間を拒絶するのか。多少の問題はあっても、それを処理して緊急入所させる工夫ができないとは情けない。外国人観光客や近県の旅行者であれば、その救護所の扱いも違っていたのかもしれない。★とにかくこの件は、今後の救護所運営に際して、重大な「悪しき前例」として、記憶されるべきだ。★さいわい首相は、国会で、「この救護所の受け入れ方針」に問題があったと答弁している。
2019-10-17 18:30:00
瓢箪から駒というか、意外な形で、来年(2020年)夏のオリンピック・マラソン及び競歩に、東京ではなくて、札幌市を使うという話が、実現してしまいそうだ。★札幌市でのマラソンのコースをどう想定するか。★何月何日に行うのか。★これから決まるはずの要素が残っている。★いずれにせよ、選手たちのために、役員たちのために、観客たちのために、札幌市内に生活施設が必要になるだろう。★わたしは、当館アイランドコーポを、全館お貸ししてもよい。(住んでいる数人の部屋はそのまま、ということになるが)★当館が受け取る「代価」は、「3ケ月あるいはそれ以上という期間の、部屋代、共益費、水道代だけでよい」、「ただ、部屋はそのまま貸す」し、「掃除は借りた人がする」という条件。話し合いによるが、借りる人の都合で部屋の設備や模様替えをその人の費用で行うことを認める。★しかるべき機関・組織が、まとめて契約するお考えがありませんか。もちろん外国の機関・組織でもよい。★契約は日本の定期借家権契約で考えます。★どうぞお問い合わせください。なお対象にできる施設は、当方の手持ち物件で、アイランドコーポ以外にもあります。★郵便で、札幌市豊平区中の島1条4丁目12-8、101号室「アイランドコーポ・オーナー殿」宛として、問い合わせてくださってもよい。(手紙は英文でもよい。)当館の詳しい情報は、このホームページ(ルームドクターズ札幌)に、掲載しています。★当館には、全館禁煙という規則があるのをお忘れなく。
2019-10-17 09:37:00
木曜日・曇り・札幌。★道新1面ほか「五輪マラソン札幌検討 IОC猛暑対策 競歩もドーム発着案」。★「驚天動地」のニュース。「近年の地球温暖化の影響で、本州が熱帯化し、北海道が温帯化しているのか」というようなことを、この「お知らせ」欄に書いたことはある。しかしその「結果」がかくも生々しい現実として現れるとは、驚き。★2020年東京オリンピックのマラソンは、元来8月初旬に東京で行われるはずであった。しかし東京盛夏の夏は暑い。ドーハで行われたマラソン競技で暑さのために故障者が続出したという「経験」を受けて、国際オリンピック委員会(IОC)は、「東京をやめて札幌での開催」を検討するに至ったという。札幌ならたとえ盛夏でも、摂氏5度ぐらい東京より気温が低く、かつ湿度が低い(からっとして過ごしやすい)ので、選手、役員、観客それぞれに開催中の暑さによる事故が極めて小さくて済むという判断であろう。★現在の北海道マラソンでは、都心から出発し、いったん南方向(豊平区中の島付近、つまりわがアイランドコーポのある近辺だ)に向かい、再び都心に戻って、次に西の方、新川通り、前田方面へ向かう。全体に坂がなく、平坦なコースである。★北海道の関係者は一様に歓迎の意向を表明している。東京方面は困惑している。★この変更に伴って、いろいろの事態が現れるのは、やむを得まい。それにしても、国際的な目は、日本の自然に対しても、非常に冷徹な判断をしているということか。今回の台風19号による首都圏付近の広範囲の洪水被害等も、国際的な目にとっては、容易ならぬ不安定な自然環境と感じられるのかもしれないよ。その点北海道は、台風の被害は、年々あまり起こらない場所である。とくに札幌市は(というより、北海道西部は)、ここまでやってくる台風は極めて少ない。北海道にくるたいていの台風は、北海道東部に強い影響を与えつつ東北方面海上に去っている。
1 2 3 4 5